重量調整

クラブフィッティングで決めたスイングバランスに合わせてヘッドの軽量化の加工を行います ホーゼルを短くすると重位置が下がります   ロフト・ライ角調整がある場合にはホーゼルカット後に行います

ロフト・ライ角調整

ステンレス製、方ラグ値より2°以上の角度変更の場合、ホーゼルにベンダーによる曲げ跡を着けたくない場合 ホーゼル内部を加工します

 シャフト外し

リシャフトを行う場合ヘッドを外します リシャフトを行わない場合にはヘッドを外さないで

グリップを外し、シャフト調整に入ります

1.バーナーで加熱

1.まずは重量確認 重い

2.重心位置確認

1.ホーゼル角度を0°に調整

2.センタリングします

2.短時間で外れます

3.マーキング

4.素晴らしい重心

3.ホーゼル角度を2°に調整

4.ズレた軸だけセンタリング

 

3.順番間違えないように並べます

5.ホーゼル切断長さの設定

6.0.5mm幅の切断砥石でカット

5.シャフトにが入る深さを切削

6.ホーゼル内部の削りカス

7.切断終了

8.平面出し

7.内部に段差が出来ました

ロフト角方向は削れていません

8.ホーゼル傾いているのでソケットに隙間が出来ないように平面出し

9.段付き加工ソケットのための段付き加工

10.これで完成

9.段付きソケットを使っているので段付き加工します

10.これでライ角調整完了

ロフト角の調整も同時に行えます

〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-23-5 長谷部第一ビル6階 YOKOTA GOLF BASE内 GCM【営業時間】10:00~19:00【定休日】水曜日(祝祭日の場合は翌日)木曜日16:00〜19:00

Tel : 03+6450+4352 Fax : 03+6450+4353 Mail : info@gcmethod.com

Copyright (C) 2013 copyrights.gcmethod.com All Rights Reserved.